水野 慎太郎

フレキシブル制4,400円(税込)/45分

愛知県みよし市在住。 鈴木メソッドにてヴァイオリンを始める。 名古屋芸術大学音楽学部器楽科卒業。国内コンクール入賞多数。 セントラル愛知交響楽団とヴァイオリン協奏曲を共演。 2004年~2006年 チェコ共和国プラハコンセルバトワールへ留学。 勉強の傍ら、現地南米人らとタンゴバンド「SIN-RUMBO」を結成し、ヨーロッパ各地で 演奏。 2006年, 2017年 アルゼンチンに短期留学。 タンゴヴァイオリンをピアソラ五重奏団最後のバイオリニスト、フェルナンド・スアレス パス氏に師事。帰国後はタンゴ界の重鎮、志賀清氏の手ほどきを受ける。 2012年 無伴奏タンゴアルバム「PLAY TANGO」をリリース。 2012年~16年まで毎年、アルゼンチン人作曲家「ホセ・エルナン・シビルス」とのユ ニットで日本横断コンサート(北海道から沖縄)を行い、デュオ CD6枚(Musica Viva 、ふるさと、月のうさぎ、La Paz Anhelada、八木節、Preparense)を、また、タンゴ ピアニスト綾部美和子とCD「道草」を発表。 バイオリンの指導をしながら、クラシック、タンゴを軸に、多方面で演奏活動を行ってい る。