拡大版!お茶の水大楽器祭

「拡大版!お茶の水大楽器祭り」とは

2014年からスタートした「拡大版!お茶の水大楽器祭り」は今年で5回目を迎えます。開催当初から年々来場者も展示楽器も増え続け、今では楽器業界の一大イベントまでに成長しました。昨年は残念ながら開催ができませんでしたが、各方面からの熱いご要望により今回2年ぶりに開催することが決定しました。

総展示数およそ2000点

展示される楽器は、エレキギター、アコースティックギター、ベース、管楽器など。約2000点以上の楽器たちが一つの会場に集合します。新品の楽器はもちろん、お買い得な中古や貴重なビンテージまでがずらりと並びます。また、毎回大好評の超特価「目玉品」も日替わりで登場。こちらもぜひお見逃しなく。

国内外の楽器メーカーによるブース出展

約30社の楽器メーカーによるブースが会場内に新製品の紹介・販売はもちろん、製作体験や職人によるワークショップ、アーティストによるデモンストレーションなど、普段体験することの出来ないさまざまなイベントが催されます。

ライブイベントも連日開催

楽器展示ブースとなりのイベントホールでは、各ジャンルの有名アーティストによるライブやワークショップが連日開催され、毎日がお祭り騒ぎです。また、恒例となった「Jazz Guitar Contest」では個性豊かなギタリストたちによる熱い戦いが繰り広げられます。各イベントは一部を除いて無料で観覧できます。