◆Tokai HLS / HLC シリーズとは

1.ネックの仕込み角

通常4.5度の仕込み角を、ヴィンテージの約3度に限りなく近づけた3.8度を実現!!弦のテンションが落ちた緩やかなロングサスティーンにより、ヴィンテージの様なサウンドを得ることに成功。仕込み角が浅くなることで、ボディトップの形状も当時の様な緩やかで気品のある物に仕上がりました。

2.ディープジョイントネック

ネックをボディにより深く仕込むことで、強度と音の立ち上がり、ロングサスティーンが得られます。

3.ピックアップマウントの位置

これによりフロント・リアでの音色の差がはっきりと致しました。

4.指板材

HLS-160には指板材にハカランダに似た杢目と質感を持つマダガスカルローズを、HLC-175にはエボニーを、HLS-360、420にはブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)を採用。

5.ロッドカバーをスリムな形状に変更

6.ナット材

ナット材をデルリンというやや柔らかく滑りの良いナイロン材に変更。

7.ヘッドストックの突き板を通常のシナ材からメイプルへ変更

経年による変化も楽しめます。

8.HLS-360、420には厳選したハードロックメイプルを採用

サウンドにも大きく影響し輪郭よく、高音域から低音域までの伸びとバランスが向上。

9.トップラッカーフィニッシュ、HLS-420はオールラッカーフィニッシュ

10.オリジナルピックアップ

「PAF」を忠実に再現。枯れていて透明感のあるサウンドの復元が出来ました。クリーントーンから自然に馴染むような歪みと、フロント・リア切り替え時の明確なサウンドの差がストレスなく出力されます。更に、HLS-360、420のリアピックアップにはアルニコ4マグネットを採用。

» 各モデルの詳細はこちらからご覧いただけます。 (対象機種をクリックしてください。)


HLS-420 HLS-360 HLS-160 HLC-175

 HLS-420

 HLS-360

 HLS-160

 HLC-175