G-CLUB SHIBUYA
John Page Guitars

AJ-Custom #088

税込販売価格 ¥799,200

詳細はこちら

AJ-Custom #104

税込販売価格 ¥799,200

詳細はこちら

AJ-Custom #105

税込販売価格 ¥799,200

詳細はこちら

John Page Classic
~The Ashburn~ Daphne Blue /R

税込販売価格 ¥189,000

詳細はこちら

AJ-Custom (Used)

税込販売価格 ¥399,600

詳細はこちら

ABOUT - John Page

フェンダーの研究開発部門でギター・デザイナーとして、そして世界的に有名なカスタム・ショップの共同創立者として21年を過ごし、何百ものギターを設計・製作し、数多くの素晴らしいミュージシャンたちと仕事をしてきたジョン・ペイジ。1998年にフェンダーを退社後、「Fender Musseum of Music & Arts」のディレクターとして2003年まで勤務し、その後はオレゴン州サニーバレーへ居を移し、工房と自宅を造り、アート家具の製作・販売を始めます。2006年に、現在の John Page Guitars の中核を成すモデル P-1 モデルのデザインを描き始め、翌年には最初のプロト・タイプを製作、そしてギター製作を再開しました。

量産や外注で製造されたりするようなギター・メーカーが乱立する中、John Page Guitars は、コンピューター制御の機械等のない、昔ながらの工具と方法で1本づつ作り出されています。木材の調達、ボディの切り出しからネック・シェイプの製作等、ほとんどの行程を彼一人で行いますが、完成には旧友らによる協力も欠かせません。J.W.ブラックにはフレットの仕上げとセットアップを手伝ってもらい、ジョン・サーとフレッド・スチュワートがピックアップを製作します。G&G のゲリー・ジャーメインにはケースを、ローレンス・ベルントからはネック材を供給してもらい、ピーター・ケレットにはアノダイズド処理を依頼しています。 全てのギターを最良の形で製作が行えるよう、一年間に作る本数を限定しており、現在は年間約20本程度となっています。

John Page Gutiars の特徴とは?
ジョン・ペイジ:「主な特徴は "生きたトーン" だと思います。とにかく音への反応が凄く良いです。イキイキしたトップから、フルでリッチなボトムからミドルまで、幅広いアコースティックなキャラクターが持ち味です。またユーザーもそう感じ、そう聞こえてもらえるように心がけてギター作りに励んでいます。音がただ聞こえるのではく、体に染み込む様なインスピレーションをもたらしてくれるギターであり、ただ演奏するだけではなく、ギターにインスパイヤーされたいプレーヤーに使ってもらいたい。使い捨てのギター作りや短期間しか付き合えないギターには興味はありません。世代を超えて愛され続いていくような楽器作りが、私のゴールですね」

Wood

厳選した木材

全ての木材はジョン・ペイジが自ら調達する極上品のみを使用。スペックはギターごとに異なり、アッシュやアルダーだけでなく、ブラック・リンバやマートル、レッドウッドなどの希少な木材を用いることも多く、その使用材によってもボディ・バランスや構造を変化させています。素材の特性を生かしきるそれぞれの組み合わせは、外観だけでなくトーンにも唯一無二の個性を与えています。

Bridge

Woodtone Bridge Saddles

JP Woodtone Bridge は入手可能な最上級の素材を使用し、全てジョン・ペイジによる手作業で製作されています。文字通り木材で作られたサドルの為、サウンドも金属製サドルとは異なり、よりアコースティックな響きと自然なサスティーンが得られます。

Set Up

最終調整

最終フレット調整とセットアップはジョン・ペイジの旧友でもある元シニア・マスター・ビルダー J.W.ブラックによって行われています。
ジョン・ペイジ:「彼は言うまでもなくすごく巧いですし、私のギターが出荷されるまで彼のような経験豊富で、且つ長けたビルダーに確認してもらえることは嬉しいです」



Design

新たなデザイン

ジョン・ペイジ:「他の誰かが既にやっているようなギターブランドの立ち上げでは意味がなかったのです」 過去に作られてきた楽器とは異なるデザインでありながら、美しく、ユニークで且つトラディショナルなデザインという難題をクリアした AJ-K は、優れた芸術品の様な外観を持ちながらも、オール・ジャンルのプレイヤーにインスピレーションを与えることができるトーン、演奏性を持ち合わせています。フェンダー社のデザイナーとして長年努めてきた経験を持ちながらも、常に自分自身が最も良いと思う楽器が作りたかったという、ジョン・ペイジの理想を具現化したモデルです。