音川 英二

フレキシブル制初級4,500円/45分

フレキシブル制中級5,500円/60分

フレキシブル制上級6,000円/60分

高校生の頃よりジャズに興味をもち、大学進学後テナー・サックスを手にする。 1984年にバ-クリー音楽大学へ奨学金を得て入学。 同期は納浩一氏,道下和彦氏等。 トミー・キャンベル,ウィル・カルホーン,タイガー大越等と共演。 1990年帰国後は都内近郊のライヴハウス,コンサート・ツアー,スタヂオワーク等の活動を行う。 1994年にニューヨークへ再度渡米。アーロン・スコット,ジーン・レイク,フィル・マルコビッツ等と共演。 5SPOT,BRADLEYS,Place on the Park等でライヴ活動を行う。 ライヴハウスでの活動がニューヨーク読売新聞の特集記事に掲載される。 1996年の帰国後、森山威男カルテット,香取良彦ジャズ・オーケストラ,岩瀬立飛&新澤健一郎グループ(Glidephonic,Quiet Leaves), Junky Funk等での活動を始め、その後はそれらに加え、T.P.O.,Nervio,BO-JO,等々数多くのグループ、ライヴに参加。 2001年からは自己のカルテットでの活動も本格化している。 2003年秋には自己名義のAlbum『存在 ~ New & Old Wonder』発売。