荻野 やすよし

フレキシブル制5,000円/60分

フレキシブル制3,000円/30分

ジャズ、南米(主にアルゼンチン)音楽、ヘヴィーメタル、クラシックギターの影響を受け、自らのアーティスト活動からJ-popサポートや前衛音楽シーンまで活躍するギタリスト/ソングライター。即興演劇の音楽を担当する演奏者としても活動し、豊富なコラボの継続が特徴である。中学時代にプロミュージシャンになりたく曲を書き始め、高校時代にギターを手に。甲陽音楽院及び大学時代はバンド活動、卒業後大阪外国語大学のジャズ研 ´deafinado´に入り浸る。2001年バークリー音楽大学奨学金資格取得後、2002年短期間留学(5weeks Program)翌年渡米を計画するも怪我により断念、2年間の療養生活を送る。復帰後、2005年よりコメディとジャズパンクの融合Trio、知恵蔵知恵蔵(松竹芸能ナオユキ氏/スタンダップコメディ、栗田洋輔/sax)で本格的なプロキャリアをスタート。この時期よりフリーインプロ、劇中音楽、ネオフォルクローレに取り組み始め、数多くのプロジェクトに参加する。2006年自身の主宰グループ、音・人・旅【oto na tabi】を始動し、2010年1stアルバム「Tinga Tinga Japonism」で全国流通デビューを果たし、完売。2012年~2014年に一旦東京拠点に活動し、帰阪した後、2016年に2ndアルバム「Glocal Happiness Departure」をリリース。これまでに単身フランスLIVEツアーを3度行い、フリーインプロ及びジャズシーンでの活動を今後も継続予定。クラシックギターを中川誠氏に、エレクトリックギターを土野裕司氏、岡本博文氏、MikeStern氏に、フォルクローレをHiroya Tsukamoto氏に、 ジャズギターを塩本彰氏に、タンゴ&フォルクローレをGustavo Eiriz氏に、師事。作曲家・編曲家としてのクレジットもある。自主レーベル「Oggi Records」主宰


詳しくはこちら!