マーティン社のデザイン部門の責任者 Tim Teelによるトークイベントを開催。

マーティン社の記念すべきシリアルナンバー2,000,000番目に製造された『D-200 Deluxe』の製作にも携わったデザイン部門の責任者 Tim Teelを招いてのトークイベントを開催しました。 創業から180年以上というマーティンギターが費やしてきた膨大な時間をモチーフにデザインされた時計の歯車が印象的な『D-200 Deluxe』の貴重な製作秘話から話題のマーティンギター最新モデル『モダンデラックス』シリーズの魅力について語って頂きました。

当日は特別に D-200 Deluxe とモダンデラックス全機種も展示されました。


Tim Teel氏が解説する!!『D-200 Deluxe』と『モダンデラックス』







Tim Teel (ティム・ティール)
Tim Teel (デザイン部門責任者)のマーティンへの勤続歴は31年以上になります。彼の祖父も Martin へ長年に渡り勤務した経緯があり、Tim 自身も幼いころから製作家を志し、現在では職人としてのステータスを確固たるものにしました。

Tim はマーティンのギター弦製造よりスタートし、ネックのフィッティング、ボディの組み立て、パール・インレイ、そして研究開発に至るまで長年に渡りその役割を担っています。ハイプレッシャー・ラミネイト仕様のXシリーズは彼の陣頭指揮でデザインされ、その製造が実現しました。またそれだけに留まらず、Golden Eraシリーズ や Authenticシリーズ のような歴史あるハイエンドモデル、そして D-50 や D-100LE、記念すべきシリアル2,000,000番目の D-200 Deluxe の製作にも携わっています。

Tim により手掛けられた製品の様相・特徴は、マーティンギターの未来への進化のためにとても重要なものになっています。



Tim Teel (ティム・ティール)

イベント詳細
2019 EVENT TIME TABLE


拡大版!お茶の水大楽器祭り 2019年8月9日(金)、10日(土)、11日(日)

会場
VENUE

メイン会場

御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター2F
東京都千代田区神田駿河台4-6
8/9(金)、8/10(土)、8/11(日) 11:00~20:00(3日間とも)


    メイン会場へのアクセス

  • JR「御茶ノ水駅」
  • 聖橋口より徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」
  • B2 出口より直結
  • 東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」
  • 1番出口より徒歩4分
  • 都営地下鉄新宿線「小川町駅」
  • B3 出口より徒歩6分

お茶の水地区

以下に記載のクロサワ楽器店ならびにギタープラネット各店舗
※営業時間は各店舗ページをご確認ください。