強い「こだわり」を追求し、具現化に挑戦するモデル
"1959"という数字に反応される方はアコースティックギターユーザよりも寧ろ、エレキギターユーザ、とりわけGibson Les Paulファンの方なのかもしれない。
リアルな"59 Les Paul Standard Model"は希少であり、垂涎の的であり、神格化されたまさにLegend。
現在、そのリイシューモデルは高額にも関わらず、Les Paulファンの心を揺さぶり、魅了し、オーナーになる喜びを与え続けている。
パーツ等の外観は勿論のこと、特に評価されているのは"59ネック”と呼ばれるレギュラー品と比較して厚みのある、この時代特有のプロファイルを持つネックである事は間違いない。
現在、Gibson Acoustic(Montana)よりリリースされている完全リイシューモデルは"Legend Series"と呼ばれる "1942 J-45""1937 L-00"の2機種に限られる。これらのギターはネックプロファイルは基より、ブレイシング構造、ニカワ接着、材質まで当時の仕様にとことん拘ったモデルである。

今回、我々はパーツは勿論のこと、Shop Custom Orderとしては前人未踏の
ネックプロファイルの再現に挑戦する!
1 2 3 4 5 6 7 8 9

Copyright(c) T.KUROSAWA & CO.LTD